印鑑とは何ですか?

役所に届けることによって「実印」となります。

ユーザーサポート

トップページ

ご意見

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も当サイトは一切の責任を負いかねます。

Last update:2014/9/18

印鑑証明

印鑑証明とは、押印した者が本人に間違いないことを確認するための物です。これには、登録をしなければなりません。

登録の条件

登録する際には、いくつかの条件があり、それ全てをクリアしていなければなりません。その登録の条件は5つあり、「日本在住で16歳以上である事」、「本人が住民登録している市町村役場である事」、「実印登録する印鑑を持っている事」、「身分証明できる物を持っている事」、「登録費用も持っている事」となります。この5つの条件を守っていれば、特に問題なく、登録ができるはずです。

もし、登録者が16歳未満である場合には、制限能力者としてされるため、印鑑登録ができないのですが、法定代理人(親権者や未成年後見人)の同意があれば、自分の意思で印鑑登録する事ができます。基本的に、勝手にできないという事になります。しかし、法律行為はできません。

一方、外国人の場合は外国人登録法によって、外国人登録している場合は、日本で印鑑登録する事ができるのですが、基本的に行う人は少ないと思います。理由は単純明快で、印鑑を使う週間が無いためです。ほとんどの場合はサインとなりますし、筆跡鑑定を行えば本人を確認できるので、問題ないのです。また、日本の名前とは違い、ファーストネーム、ミドルネーム、ファミリーネームなど文字数も多くなる事もあります。

登録方法

まずは、印鑑を用意しましょう。印鑑にも決まりがあって、陰影がいっぺん8ミリの正方形よりも大きく、25ミリの正方形よりも小さい事。基本的に姓と名を彫ったものである事ですが、角逐の役所によって違いがあるそうです。ゴムなどように、変形しやすい材質を使った印鑑や、陰影が不鮮明、判読できない物では登録できません。役所によって若干のズレがあるそうですから、気になるようなら、問い合わせてみる事をオススメします。

当然ですが、ペーンネームや芸名、通称の場合では、登録できない事があります。逆に言えばできる場合もあるはずです。管理人の記憶違いでなければ、芸能人で国民全員が知っているような方の場合は、その芸名で印鑑登録ができたはずです。多分・・・。自信はないので、話半分で聞いていてください。

印鑑登録の場合は、住民登録をしている市町村役場かその出張所に、向かいます。登録したい印鑑を持参して、申請所に必要事項を記載して、提出します。申請書は備え付けられているはずですが、分からないようでしたら、聞いてみてください。申請が済んだら、印鑑登録証というカードが交付されるはずです。このカードさえ持っていれば、今度からは、印鑑を持参しなくても、印鑑証明書を発行してもらえます。

この印鑑登録証を持参すれば、代理人でも委任状なしで、印鑑証明書を発行してくれるはずです。ただし、その場合には、登録者の住所、氏名、生年月日が必要となります。これが、印鑑登録証カードと生年月日が分かるものと一緒に保管しないようにとする理由です。両方盗まれると、印鑑証明書を取る事が可能になってしまいます。なかには、印鑑証明書だけで、取引ができるような物もあるので、十分注意して保管しましょう。

Valuable information

Last update:2014/10/30

▲トップへ