印鑑とは何ですか?

印影は唯一無二でなくてはなりません。

ユーザーサポート

トップページ

ご意見

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も当サイトは一切の責任を負いかねます。

最終更新日:2014/9/18

似ている印影

たまに、そっくりの印影を見たことありませんか?これは、ロボットが自動で作っているためなのです。

酷似印影

基本的に、印影はただ1つで、同じ印影があってはいけません。理由は簡単で、印影の酷似のために、トラブルが起きないためにです。特に、佐藤や鈴木という名字は多いようですので、他の方の印影と酷似しているというのは危険でもあります。そのため、職人の手作りになっている印鑑である方が良いとされています。特に、銀行などを始めとした金融機関に届けている印鑑は、見分けがつかないほど似ている印影の場合、盗難による被害が出る可能性もあります。

酷似した印影が良くないのは、こういった事が起こった場合、「契約が真意に基づく物ではない」事、つまり、契約をするという事を認めていないという事を証明することが難しくなるからです。特に、三文判は、全国どこでもほとんど印影は同じらしいので、注意しましょう。

防犯方法としては、先ほど言ったように、職人の手作りといったものがいいのですが、他に、姓名を入れること、書体を珍しい物にして読みにくいものにするなどの対策が簡単だと思います。その他、署名の併用や拇印などのように、押印した人が確実に分かるような方法が求められます。トラブルを避けるためには、できることはやっておくことですが、基本は、印鑑証明書などを無用心に扱わないことでしょう

ちなみに、機械に彫らせる場合でも、OSの違いによっては、若干の違いが出てくるそうです。それを利用して、印鑑の鑑定を行う、印鑑鑑定士もいるようです。筆跡鑑定士は筆跡を鑑定しますが、印影の鑑定する方をそう言うらしいです。もし、覚えの無い契約を勝手に結ばれていて、印鑑を押されていたら、そういった印鑑鑑定士に見てもらうようにしましょう。お金を1円でも払ってしまうと、契約したという事になりますので、お金は払わないようにしてください。

機械?手彫り?

自分の印鑑が、機械で掘られたものか?手彫りで彫られたものかを区別する方法として、文字の太さが完全に均一で、カーブはほぼ直角に曲がっている上、「土」や「日」のような文字は完全に左右対称となっています。これが機械の彫り方です。例えば、同じような印鑑を作らせた場合、全く同じ物ができる可能性は十分にあります。そのため、上記の「酷似印影」で説明したような、危険性があります。

しかし、手彫りの場合には、直角で曲がらず、直線を多用しないことが多いようです。いかにも、手彫りで作っています!といったような曲線が多いのも特徴と言えると思います。この曲線のために、同じ物を作る事は非常に困難で、しかも、同じような印影を作る事を断っている場合も多いので、正真正銘の、いわゆる唯一無二の印影となります。また、会社によっては、彫り師独自の彫り方などがあるようです。

印鑑は安けりゃ悪い、高ければ良いという単純な物ではないので、しっかりと判断した上で購入するようにしましょう。認印は三文判でも構いませんが、実印や銀行印の場合は、彫り師の手作りを依頼するほうがいいでしょう。

おすすめWEBサイト 5選

メンズのシャツ

最終更新日:2015/2/10

▲トップへ