印鑑とは何ですか?

印鑑を押す方法を教えます。

ユーザーサポート

トップページ

ご意見

サイトマップ

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も当サイトは一切の責任を負いかねます。

2014/9/18 更新

印鑑の押し方

印鑑をキレイに押すことができない人は、押し方を覚えてみませんか?

押し方

印鑑を押すとき、キレイに押すには、ちょっとしたコツを掴めば簡単です。自分の印鑑を手に入れたら、キレイに押したいと思っている方もいるでしょう。キレイな印影の方が見るほうにとっても、良い印象を与えることはあっても、悪い印象を与えることは無いはずです。特に、提出する場合によっては、印鑑がキレイでないといけないという場合もありますので、気をつけましょう。

朱肉

印鑑をキレイに押すために、朱肉を多くつけて押す方もいるようですが、これが失敗の原因と言う方も多いです。つまり、コツその1は、「朱肉を多くつけすぎないこと」です。印鑑がキレイに押せず、かすれる原因は他にあります。キレイに押したいと思いため、強く朱肉に押し付けると、朱肉に含まれる油分が浮き出るだけで、意味がありません。場合によっては、印鑑に必要以上の朱肉が付いてしまい、判別付かないこともあります。

キレイに押したいなら、むしろ、朱肉を印鑑の盤面の全体に軽くにじませることです。ギューではなく、ポンポンという感じで朱肉をつけるようにしましょう。それで、十分に付いているので、問題ないのです。

マット

印鑑を押す前に、マットなどを敷くことをオススメします。無ければ、雑誌などでも構いませんが、できるだけ水平な物を選んでください。どんなに朱肉を馴染ませても、下が硬いテーブルという場合には、キレイに映らない場合もあるそうです。印鑑を押す前に、マットや雑誌を置くことを習慣付ければ、ある程度キレイに押すことができます。つまり、コツその2は、「押す前にマットなどを敷くこと」となります。

ちなみに、捺印マットは、安いものなら、500円で十分購入できます。サイズにもよりますが、押す場所は大抵一箇所でしょうから、小さめの物でも問題ないと思います。

重心

印鑑を押す際には、紙に対して、垂直に押すのではなく、軽く重心をずらしながら、分かりやすくいうと「の」の字を書くように重心を動かして押してください。力を入れすぎると、印影がずれてしまうこともありますので、力は入れすぎには注意しましょう。力加減と重心の移動に注意してください。つまり、コツその3は「重心と力加減に注意すること」となります。これは、最も重要となります。印影がかすれる原因はここにあるといっていいほど重要なコツです。

後は「慣れ」

以上が印鑑をキレイに押すコツですが、これ以上は、コツ云々より、慣れだけです。慣れれば、特に意識しなくともキレイに押すことはできます。それと、朱肉が印面に付いたままにすると、品質の劣化などによって、キレイに押せなくなったりすることもありますので、使用後は朱肉をしっかりとふき取っておくように心がけましょう。あなたの印鑑も朱肉が詰まっていませんか?

朱肉

朱肉にも、良い物と悪い物があるそうです。100円ショップで売っているものや、ケースに付属している物は、あまりいいとはいえないそうですので、印鑑を押す際には、品質の良い朱肉を使用すると良いでしょう。朱肉の違いによっても、多少変わってくるそうですから、試してみてはいかがでしょうか?

▲トップへ